ナカブサムライクの種類

プチギフト代表選手、ドラジェの歴史について

ドラジェの歴史は、遡ること古代エジプト時代。 お菓子というものは神々の奉献物としてとても重要な役割をもっており、欠かすことのできない物でした。
ローマ時代においてはお菓子屋が存在してました。 古代ローマのお菓子屋はファクトレスと呼ばれます。 お菓子の発達は中せヨーロッパの宗教行事とともに変化し、現在でも伝統的なお菓子として残っています。 伝統的なお菓子の一つがドラジェです。

アーモンドに蜂蜜と砂糖をかけて作ったお菓子がドラジェの原型になったと言われます。
作ったと言われる人物はフランスのヴェルダンです。 現在のように、幾重にも砂糖をコーティングしていく製法が発明されたのは17世紀初頭のことです。

陶器のようなコーティングがお祝いのお菓子にふさわしいと、結婚式や洗礼などに欠かせないものとなった。
ドラジェは、子供の誕生日にも喜ばれました。 とても作るのに手間がかかるため、消費されるのは上流階級で、贅沢なお菓子でありました。

ブルボン王朝時代においては砂糖菓子が進歩し、貴族の間ではドラジェの取り持つ甘い関係がありました。 あちこちで、ドラジェやボンボンが普及していった。 貴婦人の機嫌取りの為に素晴らしいドラジェ入れを貴族は持ち歩いていました。